FC2ブログ

事業承継

少子高齢化社会で、事業承継がなかなか困難です。
税理士さんの関与されている企業は、相続対策として、事業承継に対応されているようです。
それでも、司法書士にも、事業承継の問題が持ち込まれます。

1 司法書士に典型的な事案は、特定の土地建物の売買を原因とする移転登記です。
  この場合は、宅地建物取引業者が、事業承継の中身を詰めておられることが多いです。
  例えば、教室やホテルの物件を第三者が買い、顧客も引き継ぐという案件です。
  その際、どの時点で売上金引継を決めるかということが問題になっていました。
  登記申請時点では、基準時を定められず、決裁日の正午とか24時とかがありました。

2 法人の事業承継は、メイインが株の譲渡です。
  親から子への事業承継は、贈与税の課税問題と、役員変更登記申請です。
  課税問題は、税理士さんと連携する必要があります。
  また、非上場株式の贈与は、「特例承継計画」を県に提出するか否かを検討します。

3 法人の事業承継で問題点の多いのが、第三者への事業承継です。
  この場合は、株式の売買です。
  譲渡する会社の債務や資産の適切な情報開示、在庫、設備等に問題点があるかいなか
  社員の引継問題等いろいろあります。
  しかし、帳簿や既存の契約書だけでは、現れてこない問題点もあります。
  中小企業は、法人為りとなっていても、個人資産が入り組んでいます。
  譲渡する企業側では、今まで何ら問題点が生じていなくても、第三者が絡むと、
  イイワ、イイワでは済まなくなってきます。
  あらかじめ、契約書にすべてを盛り込むことは無理です。
  事業承継後、譲渡側の個人資産利用が問題となり、解決する必要もあります。

4 福井の商工会議所も事業承継を支援しています。
  (福井県事業引き継支援センター)
  0776-33-8279

  、

遺言書保管制度

本日から、法務局による、自筆証書遺言書保管制度がはじまりました。

当事務所の依頼者が、7月1日に予約をし、本日、保管の申請をしました。
第1号でした。

申請は、本人が行わなければなりません。
司法書士が代理では、行えません。
しかし、私たち司法書士は、保管制度の相談、援助は行います。

保管申請されたご本人さんの印象だと、法務局の職員さんは、丁寧かつ親切だった。
しかし、マニュアル片手に、他の職員さんに聞きながら手続きを進めていただいた。
また、システムが完全には整っていないとの説明を受けたとのことでした。
でも、満足げでした。

これから徐々に法務局の体制が整うでしょう。
問題点はありますが、この制度は広がるのではないかと期待しています。

この時期、梅の季節です。
福井県は、梅がたくさん採れます。
福井市内の庭にも梅が生り、「あげる」なんて言われることがあります。

私は、毎年嶺南(若狭)の産地から買っています。
今年は、まだ昨年の梅酒が相当残っているので、少しめにしました。

bDSCF3326.jpg
bDSCF3327.jpg

梅干しを漬けるため、天日干しをします。
その後、梅が少し柔らくなると、一口食べたくなります。

梅おにぎりも美味しい。
焼酎に梅をいれるのも美味しい。



草餅

この時期、里山には、「よもぎ」がいっぱいなってます。
草もちをつくりました。

材料は、もち米、あんこ、きなこ、かたくりこ、砂糖、そして、よもぎです。

ヨモギは、あらってから、重曹を少しいれて茹でます。
茹であがったら、軽く絞ります。
しぼり汁は、とっておいて、餅釜にいれます。

bDSCF3198.jpg

餅米が蒸しあがったら、絞ったヨモギを入れ、こねます。

緑色の餅ができあがると、小さく切って、丸くこねて、並べます。

bDSCF3193.jpg

この餅を並べる板は、6~70年使っています。

あんこの入った餅ときなこ餅をつくりました。

bDSCF3202.jpg

餅つくりは、賑やかです。



家庭菜園

自宅の小庭は、チュウリップの後は、家庭菜園です。

私んちは、昔から農家でした。
祖父や祖母は野菜を作り、毎朝リアカーに野菜を乗せ
近所へ売りに出ていました。
小銭入れは、自分で作った布袋で泥と擦り切れでも大事に使っていました。

しかし、私は野菜つくりは下手です。
ホームセンターへ苗を買いに行く時期も逃してしまいます。
ところが今年は、いっぱい売っていました。
コロナの影響で、会社にも行かず遠出もせず、自宅にいる時間が多いので、
皆買いに来るようです。

いつものように

bDSCF3204.jpg

ししとう。
軽くあぶってビールのつまみに最高。

bDSCF3208.jpg

きゅうり。
焼き鳥に塩ふったキュウリはあうんです。

bDSCF3248.jpg

なす。

茹でて、冷やしたものに、和からし醤油は、夏の季節を感じます。

うまく育つかな。楽しみです。



プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR