東アジア金融被害者交流集会

第7回東アジア金融被害者交流集会が、大阪商工会議所で
開催されました。
翌日、台湾の弁護士さんたちと伏見いなりへ行ったことについては、
私のこのブログ、2016、10、24「伏見いなりで番兵」を見てください。

本番ことを忘れていました。
この集会は、日本、台湾、韓国の弁護士や被害者の方々が中心となって
毎年、各国持ち回りで開催しています。
今回は、全国クレサラ・生活再建問題対策協議会(略 クレサラ対協)
国際交流部会 が主催しました。
私は、国際交流部会の立ち上げの時からの部員です。

はじめに、全国クレサラ・生活再建問題被害者連絡協議会の岡田会長の
挨拶がありました。

s_DSCF6388.jpg

クレサラ対協は、学者、弁護士、司法書士、被害者の会、
労働団体、消費生活相談員、行政職員等が参加しています。
いわば専門家集団と当事者が二人三脚で長期にわたって
共同行動してきました。
その当事者の代表が、岡田会長です。

甲斐道太郎先生の挨拶です。

s_DSCF6396.jpg

甲斐先生は、このクレサラ対協をリードされてきた名誉代表幹事です。
ご高齢ですが、いつも立派な挨拶をされます。


弁護士の岩重佳治先生です。

s_DSCF6398.jpg

青年を取り巻く問題として「奨学金問題の現状と課題」を講演されました。
奨学金との名前からは、いただけるものとのイメージがあります。
しかし、実際はローンで、返せないローンを組んでいます。
先生たちの運動で、徐々に改革がなされています。

s_DSCF6399.jpg

韓国の国会議員の先生です。
発言が鋭かったです。

s_DSCF6402.jpg

最後は前日弁連会長の宇都宮健児先生の挨拶でした。

そのあと懇親会です。

s_DSCF6413.jpg

台湾の弁護士さんたちです。
私は、いつも身振り手振りで話すだけです。
今年は、台湾が担当です。
私は全回出席となっていますから、今年も台北に行きます。

包丁

私は料理に興味があります。
昔、イタリアレストランに勤めていたことがあります。
コックではではありません。ウエイターです。
でも、開店前には少しの調理お手伝いをしましたし
コックさんの手を何時も見ていました。

スーパーや魚屋を覗き、季節の手頃な材料があれば
買ってきて調理します。
車中にはいつも買い物かごを乗せてます。
時々、友人がやってきて、私の手料理でパーティをします。

s_DSCF7485.jpg

パーティの時はレシピをみて、事前に自分で試食会をやります。

包丁は、いろいろ取り揃えてあります。

s_DSCF7530.jpg

和包丁ばかりです。

ほとんど、福井の司法書士のAさんのお父さんに作っていただきました。
越前打ち刃物です。
右から2番目の包丁は、東京のK司法書士さんから頂いたものです。
堺打ち刃物です。
いずれも10年以上使っています。

時々、包丁を研ぎます。

s_DSCF7501.jpg

よく使うのは、

s_DSCF7534.jpg

この2本です。
菜も肉も野菜も切れる三徳包丁と小出刃です。

左端の長い刺し身包丁は、使い勝手が悪くほとんど使いません。

s_DSCF7535.jpg

この調理ハサミもよく使います。
中古の厨房屋さんで買いました。

s_DSCF7538.jpg

いつもこの包丁立てに入れてあります。
都会のデパートには、ベルギー産の木をくりぬいたものが売っていましたが
ジーット眺めて財布をしまいました。

ぶら下げてある手前のピ-ラーもよく使います。



チエンソ-

今まで、リョウビやマキタ等国産のチエンソ-を
数台持っていますが、切味が今ひとつでした。

プロの木こりさんが、ドイツのスチール製を持っていたので
興味を持ちました。福井のある司法書士さんに相談したら
「私もスチールだ」と写真を見せていただきました。
ネットで調べてもクラス世界No.1出力で使いやすいと
評判がいいです。

さっそく、買いました。
「MS261CM」ガイドバー50センチです。
希望価格¥128,800円です。

s_DSCF7482.jpg

販売店の方は、怪我をしないようにと
専用のヘルメット、ズボン、手袋等を勧められ
これら一式約5万円もしました。

私は、主に、薪ストーブ用の薪を作るのです。

s_DSCF7445.jpg

いやー切れます。今までチエンソ-に力を入れ10分ほど用した
太い木でもチエンソ-の重みだけで1分で切れます。

s_DSCF7314.jpg

排気量は、50.2CM㎥です。
重さは約5キロです。

小枝を切るのには、少々大きすぎます。
危ないし、小回りがききません。
そこで、ガイドバー30センチのチエンソ-も買いました。

細い枝は、薪ストーブの焚きつけに必要です。
チエンソウではなく、テーブルソ-で定尺に切っています。

s_DSCF7433.jpg

いずれも、木屑が飛び目に直ぐ入るので、防御メガネをかけています。


のっこみチヌ

「のっこみチヌ」とは、春、連休前後にクロダイが磯にあつまり
よく釣れることをいいます。

小学生の頃、友人が竹竿で大きなクロダイを釣り上げたのが
強烈な印象に残り、いつかクロダイを釣りたいと一時期、海釣りに
熱中しました。

ゴムボートを買って、手漕ぎで磯、離れ島に渡りました。

s_DSCF7186.jpg

中央の磯です。
場所は、福井市鮎川園地キャンプ場(亀島亭)沖の突端です。
生まれて初めて、42センチと35センチのクロダイを釣りました。
うれしくて、釣り上げたクロダイをじーっと見つめて、その後、自分で
魚拓にしました。
今から35年ほど前のことです。
今でも大事に下手な魚拓をとっておいてあります。

それからは、この写真の右磯にもよく上がりました。
初心者の頃、ゴムボートを磯に乗り上げて係留しておいたところ
貝殻でゴムに穴が空き、帰るのに肝を冷やしたことがあります。


越前海岸で有名なのは、大崎の釣具屋の前の磯です。
右磯と左磯がありますが、先端まで行くのに難儀です。
磯靴と言ってスパイクのついている靴で、磯岸壁を上がったり
下りたりしなければなりません。

s_DSCF7179.jpg

s_DSCF7180.jpg

でも、この磯、大物が釣れるので人気があります。
いつもワクワクしながら、重い竿や餌を持っていきました。
私は、一度も大物をあげたことがありません。


長橋の学校裏の磯も人気があります。

s_DSCF7190.jpg

釣り場まで、歩いて行けます。
私の知り合いは、ここで90センチの真鯛を釣り上げました。


石切り場と呼ばれる磯です。
県外から車中泊で釣っておられます。

s_DSCF7191.jpg

s_DSCF7192.jpg

右の離れ磯は、よく釣れました。
波の影響で、なかなか上がれません。

地元のおじさんと仲良くなり、若芽やメバルをいただいたり
アワビやサザエを採っていただきました。
おじさんは、亡くなりました。
いつも、海中は竜宮城のようだと言っておられました。


昔は、ここから丹後半島がみえたり、夕日が海に沈んだりしたのが見えました。
写真仲間は、この辺りで撮った夕景写真で最優秀賞に輝きました。

105歳の売主

この前、売主が105歳の女性の所有する不動産移転登記を
申請しました。

決済前にご自宅でお会いしたところ、大変元気でした。
健康診断は受けているが、出す薬はないといわれます。
背筋もピーンと立って、小さいころ出てきた田舎の在所も
覚えておられました。
私と二人並んで記念撮影も行いました。
それでも、御高齢ですので心配です。
決裁当日、再度ご自宅を訪問しお元気なお顔を拝見し
決裁場所には、ご家族に出ていただきました。

福井県の統計を見ると、
男性は、105歳以上が3名
女性は、105歳以上が27人です。

100歳以上の高齢者は、この50年で300倍以上も増えたそうです。
福井県は、健康長寿県です。
要介護認定を受けていない「元気生活率」は、日本一高く、65歳から
74歳のほとんどが健康で元気です。
あと20年後の福井県の健康寿命は、男女とも3才以上長くなるとの
予測が出ている。
つまり、90歳が当たり前の時代が来る。

さーて、仲間入りできるかな。
プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR