黒部渓谷温泉

黒部渓谷には温泉がいろいろあります。
でも渓谷にある温泉は、よく、期待と異なることがあります。
濁流で泉源がながされてしまったり、土砂で埋まったりします。
鐘釣温泉の河原の露天風呂は入れませんでした。

行ったのは、名剣温泉と黒薙温泉です(昨年の夏の情報です)。

まず、黒部渓谷鉄道でトロッコ電車に乗ります。

s_DSCF5862.jpg

登山の時はよく乗ります。
予約しておいた方が無難です。

s_DSCF5879.jpg

狭い坑道を走ります。オープン電車ーが楽しい。

s_DSCF5920.jpg

トロッコ電車終点欅平の名剣温泉です。


s_DSCF5925.jpg

s_DSCF5906.jpg

名剣温泉内湯です。

露天風呂はこちらです。

s_DSCF5930.jpg

温泉は、深いV字狭の上に建っています。

s_DSCF5935.jpg

泉源は、この上流、祖母谷(ばばだに)温泉です。

日本の秘湯の中では、風呂、料理、渓谷ともおすすめです。

翌日は、黒薙温泉に行きました。
トロッコ電車撮影ポイント黒薙で下車です。

ここから山道30分を歩きます。

湯量が豊富で有名。深山幽谷です。

s_DSCF5966.jpg

この温泉から、このパイプで黒部温泉へすべてのお湯を送っています。

s_DSCF5990.jpg

内湯もあります。

s_DSCF6005.jpg

女性専用の露天風呂や内湯ももちろんあります。
温泉好きにはおすすめです。
ただし、秘湯中の秘湯です。



パパおかえり

私は近時東京に行く機会が多いです。
昨日も東京で、夜10時頃福井駅に到着しました。
改札口は、キャリーバックを引っぱり、仕事帰りの人が多い。

福井駅の外まで来ました。
「パパおかえりー」
私の前で、小学校年代の子どもさん二人がお父さんのお迎えです。
お父さんはやはり仕事帰りでしょう。

お兄ちゃんの子どもさんは、なにやら一生懸命にお父さんに話しかけています。
お父さんも楽しそうに子供さんと話しています。

しばらく3人で連れ添って歩いてましたが、お兄ちゃんは走り出しました。
行く先を見ると、車が路上で駐車しています。
きっと、お母さんがお迎えに来たのでしょう。
「パパ帰ってきたよ」とお母さんに言っているのでしょう。

私は、横断歩道を渡りながらお父さんを見ました。


事業は宗教と同じ

ある会社の社長さんから電話がかかりました。
「ちょっとは顔見せよ」
「はい。すぐ参ります。」

3年ぐらいぶりに、社長室でお目にかかりました。
元気はつらつとされています。
「社長おいくつになられましたか?」
「93だよ。」
「元気ですねー。お顔がしょきんとしておられる。」

「元気の秘訣はなんですか?」
「社長として頑張っているからだよ。」
「会社経営は、宗教と同じだ。」
信念を持って経営しなければならない。」
「利益を上げるだけではだめだ。いかに社会貢献するかいつも考えている。」
「会社経営して何年になります?」
「70年だよ。」

社長室には、20年ほどまえに私が撮った「ダンプスの村」の写真が
相変わらず飾ってありました。

草刈り

この時期、大雨かと思うと翌日は蒸し暑い晴れ。
草が一週間でどんどん伸びます。

この海の日の祭日を含めた3連休は、草刈りで奮闘しました。
刈り始めると鎌の切味が今一つ。
バリカンも途中で止まるやらシックハックです。

まず、鎌を研ぎました。
研ぐといっても、グラインダーで鎌の刃を削るのです。

s_DSCF7557.jpg

s_DSCF7556.jpg

我が家は、昔から鉄工所でしたし、私の最初の勤務先も工作機械メーカーで
私はアフタサービスマンでした。
工具の取り扱いは、昔取った杵柄です。

s_DSCF7554.jpg

研いだ鎌はさすがに切れます。
調子のって草刈りの途中で草を運び出すとよく鎌を失います。
鎌を地面に置いて、草運びに勢を出すと、窯を置いておいた場所を忘れるのです。
見つけやすいように赤のスプレーで色をつけました。

太いススキや小枝は、鋏を使います。
これもグラインダーで研ぎました。
又、刃が反ってしまっているので、ハンマーでタタキまっすぐにしました。

s_DSCF7555.jpg

低い子草はバリカンが便利です。

s_DSCF7560.jpg

電気バリカンです。
夢中になっていると、コードをバリカンの刃で切ってしまいます。
コードをいつも体の後ろにしているつもりですが、よくコードを切ってしまいます。

s_DSCF7559.jpg

赤ビニールテープを巻いてある部分がバリカンで切ったところです。
楽しくバリカンを地面にすらしていると、突然ストップ。
悔しい。悔しい。


赤れんが庁舎

札幌に行きました。

羽田から千歳空港に夜10時ごろに着きました。
札幌に行く電車に乗ろうと改札口に行くと事故のため運休とのこと。
バスに切り替えました。少し時間が余分にかかりました。
福井で買っておいた電車の切符は、翌日払い戻していただきました。
地元の人に聞くと、たびたびかようなことがあるそうです。
翌日は、高知まで飛ぶので心配し一番の電車に乗りました。

北海道大学植物園に行きたかったのですが、月曜日で休みでした。
近くの赤れんが庁舎に行きました。駅から歩いて行けました。
旧本庁舎です。
緑の中に赤レンガが映えて綺麗です。
重要文化財です。
館内に北方領土館がありました。
北方領土の歴史がわかります。
ゆっくり見る価値がありそうですが、時間がなく
「われらの北方領土」(外務省発行)の冊子をいただいてきました。
現場に行くと資料や映像があり勉強になります。

その後、北海道大学へも続いて歩いていきました。
クラーク会館で学食やアルバイト先チラシを見て、さらに
付属図書館も見学し、学生気分を味わいました。



プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR