FC2ブログ

事業承継

少子高齢化社会で、事業承継がなかなか困難です。
税理士さんの関与されている企業は、相続対策として、事業承継に対応されているようです。
それでも、司法書士にも、事業承継の問題が持ち込まれます。

1 司法書士に典型的な事案は、特定の土地建物の売買を原因とする移転登記です。
  この場合は、宅地建物取引業者が、事業承継の中身を詰めておられることが多いです。
  例えば、教室やホテルの物件を第三者が買い、顧客も引き継ぐという案件です。
  その際、どの時点で売上金引継を決めるかということが問題になっていました。
  登記申請時点では、基準時を定められず、決裁日の正午とか24時とかがありました。

2 法人の事業承継は、メイインが株の譲渡です。
  親から子への事業承継は、贈与税の課税問題と、役員変更登記申請です。
  課税問題は、税理士さんと連携する必要があります。
  また、非上場株式の贈与は、「特例承継計画」を県に提出するか否かを検討します。

3 法人の事業承継で問題点の多いのが、第三者への事業承継です。
  この場合は、株式の売買です。
  譲渡する会社の債務や資産の適切な情報開示、在庫、設備等に問題点があるかいなか
  社員の引継問題等いろいろあります。
  しかし、帳簿や既存の契約書だけでは、現れてこない問題点もあります。
  中小企業は、法人為りとなっていても、個人資産が入り組んでいます。
  譲渡する企業側では、今まで何ら問題点が生じていなくても、第三者が絡むと、
  イイワ、イイワでは済まなくなってきます。
  あらかじめ、契約書にすべてを盛り込むことは無理です。
  事業承継後、譲渡側の個人資産利用が問題となり、解決する必要もあります。

4 福井の商工会議所も事業承継を支援しています。
  (福井県事業引き継支援センター)
  0776-33-8279

  、

コロナの影響

昨日、銀行の外まわりの人が見え、
「司法書士さんの事務所って、コロナの影響あります?」
と聞かれました。

影響あります。

高齢者が当事者となっている登記手続きが進みません。
施設は、私と家族とが一緒に本人面会しようとしても、入所者の高齢者に
会わせてくれません。

東京に住んでおられる方に福井まで来ていただき打合せをしようと
連絡しても、来ていただけません。

不動さん売買の決済の場で、本人かどうか運転免許証で確認しようとしても
マスクしておられるのです。「ちょっと、マスク取って下さい。」とお願いするのが
難しい。

経済活動も落ち込むだろから、ますます事件数が減ります。

空家問題

空家問題が社会問題化しています。
私も、現在4件かかえています。
そのうち、相続登記手続きが出来ないため、あるいは放置されたため空家問題となっている
のが3件あります。

法制審議会 民法・不動産登記法部会は、相続登記の義務化を公表しています。
法改正により相続登記の義務化を国民に規制すると、現在より、空家問題解決がすすむ
かもしれません。しかし、抜本的解決にはならないでしょう。
現在のような、相続は承継でいいのでしょうか。相続手続きをどのようなものにするかという
制度構築の問題もあります。
根本的には、政策の問題でしょう。
少子高齢化問題、地方の若者流出問題の解決があります。
農業や林業政策のゆきづまり、地方の土地の有効化政策や国土強靭化政策等
いろんな問題がからんで、空家問題があります。
私は、これら問題を考えると、空家問題は解決しないんじゃないか、さらに増えるのではないか
とも思っています。

私は、過去に、宅地建物取引業者から紹介をいただき、空家を売買を原因としていくつか登記
しました。買主は、近所に温泉の給湯口があるとか、古民家とか、畑にちょうどいい、人もいない
からドラム缶風呂に入れるなんて田舎の魅力を話していましたが、これらを一般化できません。
業者さんも,遠方の地まで何度も足を運び、その報酬も売買価格が低価のため低額でむしろ
赤字だと嘆いておられました。

難しい問題です。

小学生の頃の夏

私が、小学校の頃の夏の話です。
この頃の夏は暑いが、昔の夏は今ほど暑くなかった記憶です。

朝起きると、ランニングシャツと半ズボンで、町内の空き地でラジオ体操です。
年長者が台の上に上がり、皆で「イチ・ニッ・サン!」と元気な声を出します。

宿題はほとんどしません。
農作業小屋でお爺さんのお手伝いです。

遊びは、近所の子どもとは、竹で作った刀でチャンバラです。
川遊びもしました。

夕方は、「火の用心、マッチ一本火事の元、火の用心」「カチ・カチ」と町内を歩きます。

夕食後は、子どもたちは家の前で線香花火を焚いて、大人は椅子を出してよもやま談義です。

寝るときは、縁側の戸を開けて、家族全員蚊帳に潜り込みます。
母が、うちわで風を送ってくれたときもあります。

クーラーなんてありません。
扇風機もあったかなー。
我が家は貧乏でありませんでした。

今でも、蚊帳を保存し何時か使ってみたいと思い出に浸っていますが、なかなか広げられません。

昼も、夜も、今より暑くなかったです。

車椅子社会

この前、大学の友人たちと東京見物しました。
車椅子に乗っている人が一人います。
電気車椅子ですが、それでも移動は大変です。

まず、エレベーターが見つからない。
一旦、駅まで行ってエレベータが見つからないと車椅子に乗ってウロウロです。
案内があってしかるべきです。
しかも車椅子の目線で。
東京は坂道がいっぱいあります。
今回は、健常者が先にエレベーターを捜し歩きました。

エレベーターが狭い。車椅子同志はまず乗れない。
エレベータは、あっても1台。

介護タクシーもなかなかつかまりません。

これから、ますます高齢化社会です。
パラリンピックも開催されますが、かような状況では恥ずかしい。
プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR