FC2ブログ

草むしりをしていたら、死んでいる虫が動きました。
蟻が、一生懸命運んでいるいるのです。

蟻

自分の何倍もある虫です。

蟻は、昆虫の一種で、肉食系です。
でもこんなに大きな餌を巣には入れられません。
安全なところに運んでから、仲間を呼んで、食いちぎるのだろう。

しばらく放置しておいたら、見えなくなってしまいました。

世界報道写真コンテスト

2015年世界報道写真コンテストの結果が発表されました。
大賞は、セルビアとハンガリーの国境を越えようとする
難民の男性とその手に抱えられた赤ちゃんを差し出す情景を
鉄格子の手前から撮った写真です。

このコンテストは、いつもながら、戦争の被写体が多い。
赤ん坊を大事にする男性の顔つきが真剣でよーく撮れたなー
と感心します。

今年も、この写真展が開催されるでしょう。
都会へ行ったついで見てこよう。

四季一乗谷

福井の写真家「北野武男」先生が、また写真集を
発刊されました。
「四季一乗谷」です。

北野武男
(写真集の表紙を永田が撮影)

「一乗谷」は福井駅から車で約40分ほど行ったところにある
朝倉遺跡のあるところです。
ここは、戦国時代、103年にわたって越前を統治した華麗なる
一族朝倉氏の跡地です。
ここには、当時1万人以上の人々が暮らし、朝倉文化が開花し、
京の都に勝るとも劣らない、全国屈指の巨大都市となったのです。
それが、1573年、織田信長の軍勢によって焼き尽くされました。
後、約400年もの間、土の中で静かに眠ることになりましたが、
昭和42年から発掘調査が行われ、数々の遺跡が発掘され、
現在国の特別史跡に指定されています。

北野武男先生は、この一乗谷を、朝倉人の故郷と思い、歴史と
残された自然美をカメラで探究されています。

写真集は、色といい、深見といい、素晴らしい出来栄えです。
一枚一枚を見ていて時間が過ぎるほどです。
約100枚の写真です。

北野武男先生は、この写真集を発刊されるため、自宅から
一乗谷まで毎日1時間半ほどかけて撮影されたと思います。

朝倉遺跡・復元町並の駐車場に行ったら,まずこの写真集を
買われて遺跡見学されることをお勧めします。

福井の勝木書店でも購入出来ます。
勝木書店本店 0776-24-0428

定価 本体2300円+消費税です。

エベレスト 3D

1996年エベレストで起きた遭難事故を映画化した
「エベレスト」を見てきました。

この映画は実話で、遭難者11名の死亡者の中には日本人の
難波康子さんもおられ当時有名になった。
しかしのこの登山隊は、一人65,000ドルで公募した商業登山隊で、
不適切な行動をとるものもいて、チームとして一体化を欠いていた。
しかも、下山時の午後2時を過ぎても登頂し、激しいブリザードに
巻き込まれ次々と遭難、深夜までビバーク。酸素ボンベは調節弁が
凍りつき吸引できず。また助けに行くものも遭難ととても見ておれない。
生と死、凄絶な末路。大自然の猛威。

私は、エレベストのきれいな山々が3Dの迫力画面で見れるかと期待
しましたが、それを通り越して、悲惨でとてもじっと見ておれませんでした。
そして緊張し、身が縮み、途中で何度もトイレに立ちました。

夜11時に映画が終わり、映画を見た仲間は、皆黙って映画館を後にしました。
小心者の私は、帰っても悪い夢を見ました。

私は、普段テレビもあまりみないし、映画は年に1本見るぐらいです。
この8,000mを超えたデスゾーンで極限状態に追い込まれた画面を見るには
堪えました。バカ番組や歌謡番組、お笑いが生に会っています。

亀島

海045

この島は、福井市内の私の自宅から約30分ほど
車で走ったところにある亀島という島です。
無人島で、昔はゴムボートを出してよく釣りに行きました。

松陰という地区ですが、この辺りは魚・雲丹・さざえ・あわびがよく獲れます。
地元のYさんに注文しておくと、この時期あわび・サザエを素潜りで獲ってくれました。
一人住まいで、犬といっしょに船をこぎだし、沖で漁をしていました。
海の中のきれいな竜宮城の話や、真鯛や大蛸と戦った話は面白かった。
Yさんは、2年ほど前に亡くなり、それ以来亀島には遠のいています。

久し振りに行くと、地元の人は雲丹を採っていました。

海002

ここの雲丹は越前海岸でもとびきり上等との評判です。

昔は、漁師さんがたくさんいたそうですが、現在業としている人はいません。
岩が多いため、船の出入りが困難だからです。

海017

駐車場も少なく、海水浴のお客さんも少ないです。

海036

釣り雑誌には、石切り場という名で有名です。
こんなところを知っているのは、釣り遊び人かな。

海041


プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR