東アジア金融被害者交流集会

第7回東アジア金融被害者交流集会が、大阪商工会議所で
開催されました。
翌日、台湾の弁護士さんたちと伏見いなりへ行ったことについては、
私のこのブログ、2016、10、24「伏見いなりで番兵」を見てください。

本番ことを忘れていました。
この集会は、日本、台湾、韓国の弁護士や被害者の方々が中心となって
毎年、各国持ち回りで開催しています。
今回は、全国クレサラ・生活再建問題対策協議会(略 クレサラ対協)
国際交流部会 が主催しました。
私は、国際交流部会の立ち上げの時からの部員です。

はじめに、全国クレサラ・生活再建問題被害者連絡協議会の岡田会長の
挨拶がありました。

s_DSCF6388.jpg

クレサラ対協は、学者、弁護士、司法書士、被害者の会、
労働団体、消費生活相談員、行政職員等が参加しています。
いわば専門家集団と当事者が二人三脚で長期にわたって
共同行動してきました。
その当事者の代表が、岡田会長です。

甲斐道太郎先生の挨拶です。

s_DSCF6396.jpg

甲斐先生は、このクレサラ対協をリードされてきた名誉代表幹事です。
ご高齢ですが、いつも立派な挨拶をされます。


弁護士の岩重佳治先生です。

s_DSCF6398.jpg

青年を取り巻く問題として「奨学金問題の現状と課題」を講演されました。
奨学金との名前からは、いただけるものとのイメージがあります。
しかし、実際はローンで、返せないローンを組んでいます。
先生たちの運動で、徐々に改革がなされています。

s_DSCF6399.jpg

韓国の国会議員の先生です。
発言が鋭かったです。

s_DSCF6402.jpg

最後は前日弁連会長の宇都宮健児先生の挨拶でした。

そのあと懇親会です。

s_DSCF6413.jpg

台湾の弁護士さんたちです。
私は、いつも身振り手振りで話すだけです。
今年は、台湾が担当です。
私は全回出席となっていますから、今年も台北に行きます。

伏見稲荷で番兵

第7回東アジア金融被害交流集会が
平成28年10月22日、大阪商工会議所で開催されました。

翌日、台湾から参加された律師さんたち約10人を伏見稲荷に
ご案内しました。
谷町4丁目の地下鉄から地下鉄に乗り、京阪線で伏見稲荷に行くのです。
途中何度か乗り換えしました。その都度、重いスーツケースをガラガラ引っ張って
移動です。

伏見稲荷に荷物預所はありません。
このスーツケースを引っ張って稲荷見物は困難です。

幹事のA司法書士、女性ですが、改札口で交渉です。
「台湾から見物に来た。入り口に荷物をまとめて、置いていいですか。」
「見張りがいます。」

彼女は、スーツケースを集め、持参した紐でひとくくりにしました。
そこへ、暫くすると、電車からF女性司法書士が降りてきました。
手には、折りたたみ椅子を持っているではありませんか。
踏切際に陣取り、皆に「行ってらっしゃい」とニコニコ顔で皆を送り出しました。

大阪の女性司法書士は偉い。


散歩支援

あるおじいさん宅を訪問しました。
おじいさんは、「海外旅行にもう一度行きたいなー」
「でも足腰が悪く行けない。」と言われます。

私、「毎日、せめて天気のいい日に散歩に出られたらどうですか。」
おじいさん「いやー。この前散歩に行ったらこけて、ブロックに頭打ち
入院してしまった。」

私、「そうですかそれは大変でしたね。」
「一人ではなく、若い女性に同行していただいて、おしゃべりしながら
散歩したらどうでしょうか。」
おじいさん、「うん。それはいいが、そのようなサービスをしてくれるとこあるのかな。」

事務所に帰って調べてみると、散歩と介護の組み合わせは無理があるようです。
でも、民間で散歩のお手伝いをするところはあるようです。

施設生活は幸福

ある施設で、第3者委員として入居者と個別面会しました。
入居者の方は、欲を言ったら切りがないが、ここで生活できるのは幸せだ。
3食いただけるし、お風呂も入れるし職員さんと話も出来る。
テレビで見る路上の貧困生活者やデリヘルの居住のない生活と比べると安心して生活できるから幸せだといわれます。

安心して生活できるのは大事です。

高崎市

第35回全国クレジット・生活再建問題被害者交流集会in群馬が
高崎市で開催されました。
今回のテーマは、
「社会保障を充実させよう
~誰もが安心して暮らせる社会を求めて~」
でした。
全国から、弁護士・司法書士・被害者の会等約400名が参加し
盛会でした。

実行委員長の樋口和彦弁護士と

in高崎023

事務局長の齊藤匠弁護士です。

in高崎007

現地実行委員会の方々は、準備に1年かけて大変ご苦労様でした。

分科会は、高崎経済大学で開催されました。

in高崎061

私の学力ではとても入学できる大学ではありませんでした。

in高崎062


オプショナルツアーで、富岡製糸場に行きました。

in高崎064

世界遺産に登録され大変な人気でした。

in高崎090

現在施設を整備中です。

ガイドの人は、歴史が詳しく、日本の近代化の歩みがよく分かります。

街中散歩も楽しいです。

コンニャク工場見物も行きました。

in高崎095

お目当ては、コンニャクバイキングです。

in高崎098

すごい人です。

in高崎096

お皿に一杯盛り付けしました。
すべてコンニャクです。
これで夕食が出来上がりました。








プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR