FC2ブログ

飛鳥2

飛鳥2に乗りました。
神戸から足摺岬沖まで行き神戸に戻る2泊3日のコースです。
長年の夢でした。
しかし期待が大きすぎたのか、今二つでした。

船は立派です。高級ホテル並です。

出発です。
ドラがなります。

飛鳥2 1

夕方、神戸港を出ていきます。

飛鳥2 2

大きい船です。
客室数は436です。

飛鳥2 3

デッキは12までありました。
エレベーターがあります。

飛鳥2 4

スカイデッキは見晴らしがいいです。

飛鳥2 5

映画館、図書館、ラウンジ、バー等設備はいいです。
携帯はつながりません。

飛鳥2 6

ショーは、「懐かし昭和の音楽史」で、伊藤ゆかりとデューク・エイセスが出演でした。
しかし、歌が少なく、当時のニュース映画が多く不満足でした。

飛鳥2 6

全長241mあり、散歩する人は多いです。

お客さんは、フルムーンの旅か女性年配者の友人が多いです。
事業で頑張っている息子さんが、親孝行の旅をしている人もいました。

飛鳥2 7

夕食は、ドレスアップしてダイニングルームでフランス料理でした。
味は期待外れで、接客も東南アジアの人の素人でした。

飛鳥2 8

朝、神戸に着きます。

飛鳥2


黒部渓谷温泉

黒部渓谷には温泉がいろいろあります。
でも渓谷にある温泉は、よく、期待と異なることがあります。
濁流で泉源がながされてしまったり、土砂で埋まったりします。
鐘釣温泉の河原の露天風呂は入れませんでした。

行ったのは、名剣温泉と黒薙温泉です(昨年の夏の情報です)。

まず、黒部渓谷鉄道でトロッコ電車に乗ります。

s_DSCF5862.jpg

登山の時はよく乗ります。
予約しておいた方が無難です。

s_DSCF5879.jpg

狭い坑道を走ります。オープン電車ーが楽しい。

s_DSCF5920.jpg

トロッコ電車終点欅平の名剣温泉です。


s_DSCF5925.jpg

s_DSCF5906.jpg

名剣温泉内湯です。

露天風呂はこちらです。

s_DSCF5930.jpg

温泉は、深いV字狭の上に建っています。

s_DSCF5935.jpg

泉源は、この上流、祖母谷(ばばだに)温泉です。

日本の秘湯の中では、風呂、料理、渓谷ともおすすめです。

翌日は、黒薙温泉に行きました。
トロッコ電車撮影ポイント黒薙で下車です。

ここから山道30分を歩きます。

湯量が豊富で有名。深山幽谷です。

s_DSCF5966.jpg

この温泉から、このパイプで黒部温泉へすべてのお湯を送っています。

s_DSCF5990.jpg

内湯もあります。

s_DSCF6005.jpg

女性専用の露天風呂や内湯ももちろんあります。
温泉好きにはおすすめです。
ただし、秘湯中の秘湯です。



赤れんが庁舎

札幌に行きました。

羽田から千歳空港に夜10時ごろに着きました。
札幌に行く電車に乗ろうと改札口に行くと事故のため運休とのこと。
バスに切り替えました。少し時間が余分にかかりました。
福井で買っておいた電車の切符は、翌日払い戻していただきました。
地元の人に聞くと、たびたびかようなことがあるそうです。
翌日は、高知まで飛ぶので心配し一番の電車に乗りました。

北海道大学植物園に行きたかったのですが、月曜日で休みでした。
近くの赤れんが庁舎に行きました。駅から歩いて行けました。
旧本庁舎です。
緑の中に赤レンガが映えて綺麗です。
重要文化財です。
館内に北方領土館がありました。
北方領土の歴史がわかります。
ゆっくり見る価値がありそうですが、時間がなく
「われらの北方領土」(外務省発行)の冊子をいただいてきました。
現場に行くと資料や映像があり勉強になります。

その後、北海道大学へも続いて歩いていきました。
クラーク会館で学食やアルバイト先チラシを見て、さらに
付属図書館も見学し、学生気分を味わいました。



出張

今年最初の出張です。
1月14日(木)、15日(金)は、東京、日司連会館で会長会
16日(土)は、名古屋で中部ブロック会新人研修会懇親会
17日(日)は、愛知県司法書士会で中部ブロック役員会でした。
準備、当日の会議等責任の重いものです。
しかし、私は喜んで出張に行きます。
田舎の福井を離れると、全く異なった意見や情報がいただける。
出張のついでにいろいろ都会見学もできます。

新幹線ひかりで大井川まで来ました。
富士山が見えてきました。

東京008

沼津あたりまで来ると、富士山がさらに大きくなりました。

東京025

この辺から、おにぎりを食べ、12時10分に東京駅到着です。

会長会は、四ツ谷の日司連会館で1時から開始です。
三ヶ尻会長の挨拶です。

東京029

15日(金)は、東京早稲田に住んでいる次男と会うために
目白宿泊にしました。
次男とは長らく会っていません。

4時頃山手線の目白駅に着きました。

東京031

私は、昔東京に住んでいたことがあるのですが、
目白は全く来たことがありません。
歩いて目白探索です。

駅前に学習院大学がありました。

東京032

もう少し早い時間だと、学内を見学できるようです。

鬼子母神堂の案内があり行ってみました。

東京038

途中、ケヤキの大木並木があり、よく残っているなと
感心しました。
また、都電が走っていました。

東京040

レトロな感じで都会の中の線路を見ると乗って
みたくなりました。

しばらく歩くと、昔からの米屋さんが有りました。

東京035

また、酒屋さんもありました。

東京042

お店も歴史を感じますが、オートバイの荷台の箱は、
お酒を運んで骨董品です。

こんな高級地によく長らく営業できている。なぜだろう。

日本女子大です。

東京043

その前に、田中角栄の目白御殿の門があります。

東京044

この土地は相続税の物納として約1000坪を東京都文京区に
収めたようです。
現在、目白台運動公園となっています。

東京046

それにしても、広いなー。

東京045

今夜の宿泊はここです。

東京048

日本料理の みゆき 味めぐりお好きなものをお好きなだけ を
予約しました。
高齢者2000円の割引があります。

何があるのかなー。

東京052

まず、お寿司から行きました。

東京055

真鯛とカブの煮物

東京054

次男は、普段ご飯を食べていないと、白米の大盛りをおかわりしました。
せっかく、30品もなんでもOKを予約したのに・・・。

ヒレステーキ

東京060

またお寿司

東京061

めったに次男と食事をしないので奮発しました。

部屋からの、東京の夜明けです。

東京064

朝日が照ってきて、今日も天気が良さそうです。

東京071

ここのホテル、お庭も立派です。

東京085

いろんな古いものがありました。

東京078

16日(土)午前中は、少し時間があったので
恵比寿の山種美術館に行きました。

東京094

恵比寿から歩いて10分ほどです。

途中でお利口さんな犬がいました。

東京091

犬は大好きです。

初めて山種美術館に行きましたが、日本美術が素晴らしい。

東京095

特別展 伊藤若沖 生誕300年記念 ゆかいな若沖・めでたい大観
HAPPYな日本美術 を
3月6日まで開催しています。

お昼は恵比寿のラーメンでした。

東京096






八戸

八戸に初めて行きました。
昔から行きたい行きたいと思っていましたがようやく実現です。
今は、東北新幹線が八戸まで行っているので行きやすい。

何に興味があったかといえば、郷土料理と市場そして湊です。

夜、屋台村「みろく横丁」に行きました。

八戸129

有楽町のガード下も楽しいが、ここは庶民文化があふれています。
小さい屋台がいっぱいです。

八戸137

見知らぬ人と隣の席になっただけで、会話が弾みます。
隣の男性はどこかの新聞社のカメラマンでした。

八戸135

料理は、小皿に少し出され、いろんなものが楽しめます。

おかみさんや調理人もすぐ目の前で、ほんとに屋台の感じです。

八戸136

皆楽しそうにはしゃいでいました。
私みたいなおじさんは少なく、若い人が多い。

八戸144

皆が飲んでいるのを見て歩くのも楽しい。


早朝、陸奥湊駅前朝市へ行きました。
ここは活気にあふれた新鮮な海の幸がいっぱいでした。

八戸156

しかも安い。

干しものもいっぱいありました。

八戸147

二人ずれの女性に声かけたら、「いつもこのお店で買うの」と言ってました。

八戸163

でも駐車場が少ないのが難点です。

八戸170

市場で働く母さんは、元気です。

市場内に好きな刺し身や惣菜を選んで食べれます。

八戸151

このお店は市場の近くですが、朝食の行列です。

八戸155


すこし歩くと港があります。
大漁船の港です。

八戸172

静岡県や長崎県の漁船もありました。

八戸175

魚を獲る設備がすごい。
この船いくらぐらいするんだろう。

八戸177

まあ沢山の漁船でした。

八戸191


郊外に「八食センター」があります。
ここは海の幸、山の幸、加工品、お土産なんでもそろっている大型市場です。

八戸199

品物は豊富で安い。

お寿司屋さんも満席でした。

八戸207

八食センター内で買った魚や肉を炭火の七厘で焼いて食べられる
お店もあります。けむりがもうもうとして食をそそられましたが、
車運転なので我慢しました。
駅から便利なバスもあります。

日本にも行くとこいっぱいです。
今度は、八戸三社大祭(7月31日から8月4日)の頃に来たいなー。




プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR