餅つき

我が家は、毎年大晦日近くとなると餅をつきます。
昔は、臼でつきましたが今は電気です。

まず、もち米を「蒸籠」に入れ蒸します。
この「蒸籠」は、戦時中に作った年代物で大分傷んでいます。

もち(蒸す)

蒸している間に、「もろびた」に「トリコ」をしきます。
作業をしているのは、来年の7月になると満92歳になる母です。

もち(準備)


大分蒸れてきました。

もち(蒸らす)

途中で、蒸れぐわいを見ます。
もち米をチョイとつまんで食べると美味しいです。

もち(開ける)

蒸せました。これを餅つき機にあけます。

もち(会話)

餅がくっつかないようお湯をさしたり手を入れます。

もち(つき機)

もち(まぜる)

餅がこねました。これを素手でもって台に載せます。
アツツ、アツツ。載りました。

もち(のばす)

トリコをかけながら形を整えます。
(後ろのシャンチャンが興味深く見ています。)

もち(まとめる)

まず、「大根おろし餅」をちぎります。
これに醤油かけていただくと、年末が来たなーと感じます。

もち(食す)

次に丸餅をちぎります。

もち(切り出し)

丸餅ができました。
これで正月を迎えられます。

もち(完成)











プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR