アラヤシキの住民たち

競争社会より協力社会を。

心身の障害や社会で生きずらさを抱えた人たちも
共に働き生活する長野県小谷村の「真木共働学舎」を
撮ったドキュメンタリー映画「アラヤシキの住民たち」を
観ました。

小谷村真木は南小谷駅の北山中のようだ。
20年ほど前、この辺り、相当撮影で歩いたことがあるが
真木は行ったことがない。
でも小谷村の山中は台地がありいいとこです。

いろんな人がいて、お互いを認める。
争いや競争ではなく、自然と一緒に暮らす。

皆かようなことはいいと思う。
しかし、現実社会は、競争社会を通り越して
蹴落し社会かもしれない。
人の善意を逆手にとってぬくぬく生きていく人。
人は争いを好まない。我慢する人。
かようなことを前提に、戦闘する人が、勝利者となり、
仲間を壊していく。

協力が暮らしの原点なことは皆知っているが、
世の中には反対に人がいて、じたんだ踏んでいる。
プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR