FC2ブログ

加藤新太郎先生

日本司法書士会連合会中部ブロック会主催北陸地区会員研修会が
平成27年8月1日、福井商工会議所で開催されました。

この研修会は、富山県司法書士会、石川県司法書士会、福井県司法書士会の
3単位会持ち回りで、毎年開催されるものです。
今年は、福井県司法書士会が担当会で開催しました。

講師の先生は、中央大学大学院法務研究科教授 加藤新太郎先生で
テーマは「司法書士の司法過程における役割」でした。

先生は、昭和50年から平成27年まで裁判官を努められ
依頼退官前は東京高裁判事(部総括)でした。

先生は司法書士界に対し、年次研修(」倫理)等をはじめ多くの指導をされてきました。

高名な先生で、福井県司法書士会は7年前から研修会のご講演をお願いしてきましたが、
今回ようやく実りました。
退官後、司法書士会へのご講演は、全国で最初のことです。

先生の講義は、
1 司法書士は、司法制度の中で、社会の中で、裁判官にどのように見られているか
2 職業としての司法書士
3 司法書士の行う仕事の基本的枠組み
4 法律相談の位置づけと重要性
5 債務整理における説明義務
6 裁判書類作成業務における地裁訴訟関与
7 騙される司法書士

司法書士が依頼者に対する期待に応えること
騙されないこと、利用されないこと
社会の期待に応えること

司法書士の個々の力量向上
職層としての倫理的執務の実践
が大事と

午後1時から午後5時までの有意義な研修会でした。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR