1日司法書士

8月3日は、司法書士の日です。
福井県司法書士会は、この日、仁愛高等学校の生徒さん4名に
1日司法書士になっていただききました。
司法書士事務所実体験や法務局登記申請と見学。簡易裁判所見学等実施しました。

私の開会の挨拶です。

今年は、司法書士制度143年になります。
司法書士制度は、明治5年8月3日から始まったのです。
明治5年というと、新橋・横浜間に初めて汽車が走った年です。
今から143年前というと、みなさんのお父さん、おじいちゃん、ひい爺さん
もっと前から始まったのでしょう。
長らく続くというのは大事なことです。司法書士制度が社会にとって必要だったんです。

司法書士は、国民の身近な法律家であり、登記業務、簡易裁判所における訴訟業務、
成年後見業務等を行っています。

司法書士は、国家試験合格か法務大臣から認定を受け、司法書士会に入会しなければ
仕事ができません。自分たちのことは自分で行う組織です。
現在福井県に130名の司法書士がいます。

この1日司法書士の行事は、先輩司法書士並びに関係各位の並々ならぬ制ぢ維持発展の
ご努力があったことを感謝するとともに、今後ともよい制度を作ろうとの決意表明をし、
市民の方々に司法書士制度をPRするために行います。
1日司法書士制度は、高等学校のみなさんにも司法書士を知っていただくよう企画しました。
本日は、仁愛高等学校の皆さんに1日司法書士になっていただき、司法書士とはどのような
者か知っていただきたいと思います。

この1日司法書士を機会に、市民の方々の司法書士制度に対する益々のご理解を祈願し
私のあいさつに代えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR