FC2ブログ

韓・日学術交流会

2017年11月17日、韓国ソウルで開催された韓・日学術交流会に
参加してきました。
この会議は、大韓法務士協会と日本司法書士会連合会が、両国の
司法制度、法律制度及び登記制度の全般ならびに司法書士、法務士制度
に関する研究活動等のために、相互に情報提供するために、毎年1回
持ち回りで開催されています。昨年で14回目です。

私は、日本司法書士会国際交流室の室員として参加しました。

学術交流会では、
韓国の電子登記申請に関して
日本司法書士の裁判関連事務
韓国の空家土地所有者不明問題
非訟事件における日本司法書士の役割と地位
等について発表がありました。

会議の様子です。

s_DSCF8097.jpg

参加者一同で記念撮影です。

s_DSCF8100.jpg

会議の前日に、韓国の法務局も見学しました。

電子化が進んでいます。担当者から説明を受けています。

s_DSCF8057.jpg

証明書も自動化されていました。

s_DSCF8075.jpg

圧巻だったのは、大法院見学でした。
韓国は訴訟の電子化が進んでいます。

s_DSCF8036.jpg

2010年から訴訟手続きの電子化開始された。
韓国はインターネットの利用率が高い。
大統領制で意思決定が迅速なためすすんだようです。
訴状、請求原因等パターン化され、入力が容易です。

s_DSCF8047.jpg


電子訴訟率は60~70%にのぼり、裁判官、弁護士の評価は
高いようです。

大法院です。

s_DSCF8025.jpg

日本では、「未来投資戦略2017」(平成29年6月9日閣議決定)において
「裁判にかかる手続き等のIT化を推進する方策について速やかに検討し、
本年度中に結論を得る。」とされ
現在、裁判手続等のIT化検討委員会(内閣官房日本経済再生総合事務局)が
開催されています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR