FC2ブログ

横尾本谷

今から10年前までは、お盆の時期になると、毎年、山にはいりました。
お盆の時期では、高山植物は最盛期を過ぎているのですが、長期休暇が
取れないのでこの時期です。

よく行ったのは、穂高です。
上高地からあるいは新穂高温泉から入りました。

私が気に入った場所は、横尾本谷です。
上高地から徳沢、横尾を通り、木谷橋まで来ます。
横尾本谷へは、ガイドブックには涸沢への道と分かれ左岸の河原を行くと案内してあります。
しかし、荷物が多いと崖から落ちそうになるので、
私はいつも涸沢に向かい100mほど上がり、屏風岩の頭下から横尾本谷が見える
あたりで、一般道から岩の上を谷へ降りていきます。
何とか、人の歩いた後が解ります。
河原に降りると、靴を履いたままジャブジャブと涸沢を渡ります。
ここは、涸沢と南岳を源頭にした支流との合流点です。

ここで何度かテントを張った時があります。
河原は広いし、水は豊富だし、流木もあり、良い場所です。
あるいは、さらに1時間、300mほど登った二俣(2050m)でテントするかです。
テントを畳まずに、基地にするのもいいでしょう。

テン場から横尾本谷右俣天狗のコル方面に行くか、横尾本谷左俣大キレット方面に
行くかです。

天狗のコル方面には、水を少しかぶりながら南岳東面の大カール(2400m)に出る。
水はあります。静かな大自然が楽しめます。
天狗のコル(2700m)へは、急なガレ場を草につかまりながら上がります。
かなり力がいります。
上がってしまえば一般道です。

二俣から横尾本谷左俣から大キレット方面へは、大岩を周りながら上っていきます。
水場はありません。最後の乗り越し前には、水が出ています。
カールは、岩場です(2500m)。夜には、北穂岳小屋からの声が聞こえます。
ここから北穂の池に行けるようですが、行ったことはありません。

どちらとも、すばらしい景観です。
何度か行きました、出合った人は数人です。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR