FC2ブログ

赤れんが庁舎

札幌に行きました。

羽田から千歳空港に夜10時ごろに着きました。
札幌に行く電車に乗ろうと改札口に行くと事故のため運休とのこと。
バスに切り替えました。少し時間が余分にかかりました。
福井で買っておいた電車の切符は、翌日払い戻していただきました。
地元の人に聞くと、たびたびかようなことがあるそうです。
翌日は、高知まで飛ぶので心配し一番の電車に乗りました。

北海道大学植物園に行きたかったのですが、月曜日で休みでした。
近くの赤れんが庁舎に行きました。駅から歩いて行けました。
旧本庁舎です。
緑の中に赤レンガが映えて綺麗です。
重要文化財です。
館内に北方領土館がありました。
北方領土の歴史がわかります。
ゆっくり見る価値がありそうですが、時間がなく
「われらの北方領土」(外務省発行)の冊子をいただいてきました。
現場に行くと資料や映像があり勉強になります。

その後、北海道大学へも続いて歩いていきました。
クラーク会館で学食やアルバイト先チラシを見て、さらに
付属図書館も見学し、学生気分を味わいました。



出張

今年最初の出張です。
1月14日(木)、15日(金)は、東京、日司連会館で会長会
16日(土)は、名古屋で中部ブロック会新人研修会懇親会
17日(日)は、愛知県司法書士会で中部ブロック役員会でした。
準備、当日の会議等責任の重いものです。
しかし、私は喜んで出張に行きます。
田舎の福井を離れると、全く異なった意見や情報がいただける。
出張のついでにいろいろ都会見学もできます。

新幹線ひかりで大井川まで来ました。
富士山が見えてきました。

東京008

沼津あたりまで来ると、富士山がさらに大きくなりました。

東京025

この辺から、おにぎりを食べ、12時10分に東京駅到着です。

会長会は、四ツ谷の日司連会館で1時から開始です。
三ヶ尻会長の挨拶です。

東京029

15日(金)は、東京早稲田に住んでいる次男と会うために
目白宿泊にしました。
次男とは長らく会っていません。

4時頃山手線の目白駅に着きました。

東京031

私は、昔東京に住んでいたことがあるのですが、
目白は全く来たことがありません。
歩いて目白探索です。

駅前に学習院大学がありました。

東京032

もう少し早い時間だと、学内を見学できるようです。

鬼子母神堂の案内があり行ってみました。

東京038

途中、ケヤキの大木並木があり、よく残っているなと
感心しました。
また、都電が走っていました。

東京040

レトロな感じで都会の中の線路を見ると乗って
みたくなりました。

しばらく歩くと、昔からの米屋さんが有りました。

東京035

また、酒屋さんもありました。

東京042

お店も歴史を感じますが、オートバイの荷台の箱は、
お酒を運んで骨董品です。

こんな高級地によく長らく営業できている。なぜだろう。

日本女子大です。

東京043

その前に、田中角栄の目白御殿の門があります。

東京044

この土地は相続税の物納として約1000坪を東京都文京区に
収めたようです。
現在、目白台運動公園となっています。

東京046

それにしても、広いなー。

東京045

今夜の宿泊はここです。

東京048

日本料理の みゆき 味めぐりお好きなものをお好きなだけ を
予約しました。
高齢者2000円の割引があります。

何があるのかなー。

東京052

まず、お寿司から行きました。

東京055

真鯛とカブの煮物

東京054

次男は、普段ご飯を食べていないと、白米の大盛りをおかわりしました。
せっかく、30品もなんでもOKを予約したのに・・・。

ヒレステーキ

東京060

またお寿司

東京061

めったに次男と食事をしないので奮発しました。

部屋からの、東京の夜明けです。

東京064

朝日が照ってきて、今日も天気が良さそうです。

東京071

ここのホテル、お庭も立派です。

東京085

いろんな古いものがありました。

東京078

16日(土)午前中は、少し時間があったので
恵比寿の山種美術館に行きました。

東京094

恵比寿から歩いて10分ほどです。

途中でお利口さんな犬がいました。

東京091

犬は大好きです。

初めて山種美術館に行きましたが、日本美術が素晴らしい。

東京095

特別展 伊藤若沖 生誕300年記念 ゆかいな若沖・めでたい大観
HAPPYな日本美術 を
3月6日まで開催しています。

お昼は恵比寿のラーメンでした。

東京096






八戸

八戸に初めて行きました。
昔から行きたい行きたいと思っていましたがようやく実現です。
今は、東北新幹線が八戸まで行っているので行きやすい。

何に興味があったかといえば、郷土料理と市場そして湊です。

夜、屋台村「みろく横丁」に行きました。

八戸129

有楽町のガード下も楽しいが、ここは庶民文化があふれています。
小さい屋台がいっぱいです。

八戸137

見知らぬ人と隣の席になっただけで、会話が弾みます。
隣の男性はどこかの新聞社のカメラマンでした。

八戸135

料理は、小皿に少し出され、いろんなものが楽しめます。

おかみさんや調理人もすぐ目の前で、ほんとに屋台の感じです。

八戸136

皆楽しそうにはしゃいでいました。
私みたいなおじさんは少なく、若い人が多い。

八戸144

皆が飲んでいるのを見て歩くのも楽しい。


早朝、陸奥湊駅前朝市へ行きました。
ここは活気にあふれた新鮮な海の幸がいっぱいでした。

八戸156

しかも安い。

干しものもいっぱいありました。

八戸147

二人ずれの女性に声かけたら、「いつもこのお店で買うの」と言ってました。

八戸163

でも駐車場が少ないのが難点です。

八戸170

市場で働く母さんは、元気です。

市場内に好きな刺し身や惣菜を選んで食べれます。

八戸151

このお店は市場の近くですが、朝食の行列です。

八戸155


すこし歩くと港があります。
大漁船の港です。

八戸172

静岡県や長崎県の漁船もありました。

八戸175

魚を獲る設備がすごい。
この船いくらぐらいするんだろう。

八戸177

まあ沢山の漁船でした。

八戸191


郊外に「八食センター」があります。
ここは海の幸、山の幸、加工品、お土産なんでもそろっている大型市場です。

八戸199

品物は豊富で安い。

お寿司屋さんも満席でした。

八戸207

八食センター内で買った魚や肉を炭火の七厘で焼いて食べられる
お店もあります。けむりがもうもうとして食をそそられましたが、
車運転なので我慢しました。
駅から便利なバスもあります。

日本にも行くとこいっぱいです。
今度は、八戸三社大祭(7月31日から8月4日)の頃に来たいなー。




越前をゆく

大学のゼミOBが越前に来ました。
関東を中心とした8名です。

毎年、会員の地元で持ち回り開催です。
今回は福井の私の担当です。
北陸新幹線が開通したので記念乗車を兼ねました。

越前の資料を関係市町にお願いしたところ、
はじめ無理と言われましたが、「新幹線で東京から来ます」と
お願いするとすぐ立派な「戦国歴旅」等いただきました。

芦原温泉駅で待ち合わせし、まず、三國の「盛安」蕎麦屋さんに行きました。
メンバーの一人がこのお蕎麦屋さんと懇意なのです。

美味しい蕎麦をいただいてから、三国湊町を探索しました。
江戸小唄の聞こえる「竹よし」に入りました。

福田会721

福田会013

一人500円の料金で三味線を引いたおねいさんから
粋な江戸小唄を聞きました。

福田会010

福田会012

三國湊町は戦災・地震を免れ、街中に情緒あふれる建物があります。

福田会729

材木屋豪商の町家です。

福田会732

福井県最古の鉄筋コンクリート建物の
旧森田銀行本店です。

お土産は有名な「にしさかの酒まんじゅう」です。

福田会741

丸岡城も行きました。
1576年に建築された、日本で最も古い天守閣だそうです。

福田会018

夕食のメイン料理は、越前蟹です。

福田会027

蟹がダメな人がいるので若狭牛のステーキを召し上がっていただきました。

福田会030

あと、越前おばんざいです。

福田会780

福田会781

このコンニャクが評判よかった。

福田会782

福井県大野産の里芋の煮っ転がしです。

福田会783

小松菜の煮物です。


翌日は、朝倉遺跡に行きました。

福田会913

ここは現在福井県で一番の観光スポットです。

福田会914

ガイドさんに案内していただきました。

福田会906

広くて見学する場所がいろいろあります。

恐竜博物館やゆめおーれ勝山、越前大仏等を見学し

福田会930

夕食は勝山の「秀寿司」に注文し、お持ち帰りしました。

福田会960

福田会961

マグロやブリのお刺身も大皿に盛りました。

福田会959

来年は、上田で開催です。




津軽

つがる~へいやに~♪
ゆきふる~ころはよ~♪

吉幾三 作詞作曲 千昌夫 唄
「津軽平野」
この歌はよく歌いました。

津軽は遠いイメージでなかなかいけませんでした。

太宰治記念館「斜陽館」に行きました。

津軽半島092

ここはすごい人・人。
ボランティアの案内人が詳しく説明します。

直ぐ近くの津軽三味線会館で三味線の音が聞こえます。

津軽半島098

親子で演奏していました。

十三湖にはぜひ行きたかった。
「しじみ亭奈良屋」から十三湖の大しじみを買ったことがあります。

津軽半島124

奈良屋の前の湖です。

津軽半島122

津軽半島126

「ごらん あれは たっぴみさき きたのはずれと ♪」
石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」もよく歌いました。

龍飛崎も行きたかったが、
十三湖からまだまだかかると

「みしらぬ ひとが ゆび をさし♪」
「なけとばかりに あーーー♪」

龍飛崎を諦めました。

プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR