雪解け

今日は3月20日です。
大雪だったのは、2月6日です。
だいぶ雪が解けました。

s_DSCF8548.jpg

自宅の庭です。
軒まであった雪が解けました。

s_DSCF8549.jpg

秋に植えたチュウリップの球根が芽を出し始めました。
今年はしっかり雪が降ったので、きっと立派な花を咲かすでしょう。

s_DSCF8550.jpg

福井市内を流れる足羽川です。
池田町の山奥が源流です。
雪解け水で川はいっぱいです。
雪の塊も流れてきます。

s_DSCF8557.jpg

土手を歩くと蕗の薹が出ていました。

s_DSCF8559.jpg

地元の人が採集していますが
まだ、雪の下にいっぱいあります。

s_DSCF8560.jpg

天ぷらが美味しい。

s_DSCF8562.jpg

こちらは坂井市丸岡町の竹田川です。
この川も増水です。

s_DSCF8563.jpg

猫柳も芽を出し始めました。
いよいよ春です。




雪の山

今日は3月1日です。
福井の豪雪は終わりでしょう。

道路や駐車場から運ばれた雪が山のようです。

s_DSCF8499.jpg

これ、足羽川という一級河川です。
河川敷から橋げたあたりまで雪が積み上げられました。

s_DSCF8504.jpg

下に見えるのが駐車場です。

s_DSCF8498.jpg

s_DSCF8503.jpg

ダンプカーでどんどん雪が運ばれ運動場のようになりました。
ここの雪捨て場は満杯で他にも除雪場が設けられました。

s_DSCF8505.jpg

公園も除雪場になりました。

桜の開花時期までには雪は溶けるのだろうか。

チュウリップ

チュウリップの球根は、秋、落ち葉が落ちる頃、畑に植えこみます。
富山の球根畑で教えていただきました。
春咲く花ですが、なぜ、秋に植えて冬を越すのかなーなんて
疑問に思っています。

あるとき、テレビで「チュウリップは寒い冬をすごさないとダメです。」
「暖かいところではダメです。」と同じことを言っています。

私なりに、寒い冬を越すと、球根のエネルギーがギュッと蓄えられ
春になると一気に花咲くのかなーなんて思っています。

今年の福井は、大雪でした。寒かったですね。
しかし、福井の人は寒さでギュッとエネルギーが蓄えられたでしょう。
春になると、福井の人はきっと一気に大輪の花を咲かすのではないかと
期待しています。

福井豪雪

福井の豪雪もようやく収まり、除雪もだいぶ進みました。
でも田舎はまだまだです。

坂井市丸岡町竹田地区です。
黄色の建物が、竹田の油げ屋「谷口屋」です。

s_DSCF8489.jpg

全国ニュースに流れた、富山の19歳の男性が車中に閉じ込められ
一酸化ガス中毒のあった場所です。

s_2131.jpg

路地は、10日ほどしてようやく除雪されました。

s_DSCF8485.jpg

ここで行き止まりです。

s_DSCF8474.jpg

家屋は、すっぽりと雪に埋まっています。

s_DSCF8482.jpg

国道は1400台の車が動けなくなったとか、
芦原温泉のキャンセル客が1万1043人あったとか、
除雪費に150億円かかったとか、
ニュースで流れています。

私の事務所も10日ほど除雪に追われ
開店休業でした。

韓・日学術交流会

2017年11月17日、韓国ソウルで開催された韓・日学術交流会に
参加してきました。
この会議は、大韓法務士協会と日本司法書士会連合会が、両国の
司法制度、法律制度及び登記制度の全般ならびに司法書士、法務士制度
に関する研究活動等のために、相互に情報提供するために、毎年1回
持ち回りで開催されています。昨年で14回目です。

私は、日本司法書士会国際交流室の室員として参加しました。

学術交流会では、
韓国の電子登記申請に関して
日本司法書士の裁判関連事務
韓国の空家土地所有者不明問題
非訟事件における日本司法書士の役割と地位
等について発表がありました。

会議の様子です。

s_DSCF8097.jpg

参加者一同で記念撮影です。

s_DSCF8100.jpg

会議の前日に、韓国の法務局も見学しました。

電子化が進んでいます。担当者から説明を受けています。

s_DSCF8057.jpg

証明書も自動化されていました。

s_DSCF8075.jpg

圧巻だったのは、大法院見学でした。
韓国は訴訟の電子化が進んでいます。

s_DSCF8036.jpg

2010年から訴訟手続きの電子化開始された。
韓国はインターネットの利用率が高い。
大統領制で意思決定が迅速なためすすんだようです。
訴状、請求原因等パターン化され、入力が容易です。

s_DSCF8047.jpg


電子訴訟率は60~70%にのぼり、裁判官、弁護士の評価は
高いようです。

大法院です。

s_DSCF8025.jpg

日本では、「未来投資戦略2017」(平成29年6月9日閣議決定)において
「裁判にかかる手続き等のIT化を推進する方策について速やかに検討し、
本年度中に結論を得る。」とされ
現在、裁判手続等のIT化検討委員会(内閣官房日本経済再生総合事務局)が
開催されています。

プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR