FC2ブログ

横尾本谷

今から10年前までは、お盆の時期になると、毎年、山にはいりました。
お盆の時期では、高山植物は最盛期を過ぎているのですが、長期休暇が
取れないのでこの時期です。

よく行ったのは、穂高です。
上高地からあるいは新穂高温泉から入りました。

私が気に入った場所は、横尾本谷です。
上高地から徳沢、横尾を通り、木谷橋まで来ます。
横尾本谷へは、ガイドブックには涸沢への道と分かれ左岸の河原を行くと案内してあります。
しかし、荷物が多いと崖から落ちそうになるので、
私はいつも涸沢に向かい100mほど上がり、屏風岩の頭下から横尾本谷が見える
あたりで、一般道から岩の上を谷へ降りていきます。
何とか、人の歩いた後が解ります。
河原に降りると、靴を履いたままジャブジャブと涸沢を渡ります。
ここは、涸沢と南岳を源頭にした支流との合流点です。

ここで何度かテントを張った時があります。
河原は広いし、水は豊富だし、流木もあり、良い場所です。
あるいは、さらに1時間、300mほど登った二俣(2050m)でテントするかです。
テントを畳まずに、基地にするのもいいでしょう。

テン場から横尾本谷右俣天狗のコル方面に行くか、横尾本谷左俣大キレット方面に
行くかです。

天狗のコル方面には、水を少しかぶりながら南岳東面の大カール(2400m)に出る。
水はあります。静かな大自然が楽しめます。
天狗のコル(2700m)へは、急なガレ場を草につかまりながら上がります。
かなり力がいります。
上がってしまえば一般道です。

二俣から横尾本谷左俣から大キレット方面へは、大岩を周りながら上っていきます。
水場はありません。最後の乗り越し前には、水が出ています。
カールは、岩場です(2500m)。夜には、北穂岳小屋からの声が聞こえます。
ここから北穂の池に行けるようですが、行ったことはありません。

どちらとも、すばらしい景観です。
何度か行きました、出合った人は数人です。


納涼シャワー

福井県坂井市丸岡町の千古の家で納涼シャワーがありました。
毎年行われています。今年は8月11日(日)2時から開催です。

水1705

暑い日が続きます。萱も相当乾燥しています。
1時間ほど前から、カメラマンや多くの人がやってきました。

水1712

放水が始まりました。3ケ所から放水です。

水1714

水の勢いが強く、屋根の下にいても水しぶきで濡れます。

水1725

高台に移動しました。

水1726

5分ほど放水されました。
休憩後、また放水されました。

水1745

萱が綺麗になりました。


高台の三脚を設置したカメラマンです。
私は手持ちカメラです。

水1758

皆、満足気でした。

水1770




小学生の頃の夏

私が、小学校の頃の夏の話です。
この頃の夏は暑いが、昔の夏は今ほど暑くなかった記憶です。

朝起きると、ランニングシャツと半ズボンで、町内の空き地でラジオ体操です。
年長者が台の上に上がり、皆で「イチ・ニッ・サン!」と元気な声を出します。

宿題はほとんどしません。
農作業小屋でお爺さんのお手伝いです。

遊びは、近所の子どもとは、竹で作った刀でチャンバラです。
川遊びもしました。

夕方は、「火の用心、マッチ一本火事の元、火の用心」「カチ・カチ」と町内を歩きます。

夕食後は、子どもたちは家の前で線香花火を焚いて、大人は椅子を出してよもやま談義です。

寝るときは、縁側の戸を開けて、家族全員蚊帳に潜り込みます。
母が、うちわで風を送ってくれたときもあります。

クーラーなんてありません。
扇風機もあったかなー。
我が家は貧乏でありませんでした。

今でも、蚊帳を保存し何時か使ってみたいと思い出に浸っていますが、なかなか広げられません。

昼も、夜も、今より暑くなかったです。

テーブル

テーブルを作りました。
外デッキで使います。

材料は、いつも山梨の木工ランドから買います。
今回は、「タイガーウッド」という商品です。
ウリンやィぺと同じくハードウッドです。

見本を取り寄せたら、木目が綺麗だった。
105×20×1500を6枚取り寄せました。

テーブル7

外で使うので、隙間を作ります。

何か、細い板でゲージを作り、板材料の間にはめて均一にします。

テーブル8

テーブルの表面は、サンドペーパをかけます。

テーブル6

塗装は、木目を生かすためにクリアにしました。
水を弾くように油性にしました。

しかし、外に長年放置すると、せっかくの木目が太陽の光で消えてしまいます。
そこで、使わない時にカバーをかけることにしました。
カバーは、プラッチックです。
弱いし、風で飛ばないよう、表面板に両面テープで抑えるようにしました。

テーブル1

テーブル4

写真は、裏面です。

カバーの出来上がりです。

テーブル5

日陰用に、ガーデンパラソルを使います。

パラソルベースも造ります。
材料は、ブロックとエンビのパイプ等です。
パラソルを立てやすいように、広口口径パイプ継手を利用しました。
パイプは動かないように木で詰めました。

テーブル3

テーブルの完成です。

テーブル2

脚は、手持ちのウリンでつくりました。

材料代は、板、塗料、プラッチック等締めて約14,000円でした。
20mmの板厚は、物足りなかった。

15年は使えるでしょう。





生誕100年水上勉展

生誕100年水上勉展に行ってきました。

福井県ふるさと文学館(県立図書館)において
令和元年7月20日~9月23日まで開催されています。
7月26日(日)は、「はなれ瞽女(ごぜ)おりん」が上映されました。

12時から整理券を配布されるので、11時半頃到着しました。
整理券をいただき、駐車場に戻ります。
車の中にクーラーボックスを入れてあり、トマト、キュウリ、バナナや蜜柑、パイそしてお茶等冷やしてあります。
梅雨明けで暑い。駐車場の日陰を探しましたがありません。
ポプラの木の下で、入道雲を見ながら田園風景の中食事です。

映画は、1時半からです。
図書館へは、年に1度来るぐらいです。

水上勉の本がどれくらいおいてあるのかなと探しました。
福井県に関係ある図書コーナーに大分ありました。
本屋でなかなか買えません。ネットで古本も買ったことがありますが数は少ないです。
時間があれば、図書館で読書もいいなー。
「水上勉 ふるさとを描く」のブックリストが配布されています。
参考になります。

「若州一滴文庫」には、相当の書籍があります。

映画は定員40名でしたが、ほぼ満席でした。

9月1日には、シンポジュウム「水上勉の時代」が開催されます。
プロフィール

永田廣次

Author:永田廣次
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR